不要品処分・不用品買取|なんでも屋「便利屋さん本舗 神奈川横浜」
何でも屋|なんでも屋「便利屋さん本舗 神奈川横浜」
引っ越し業者|なんでも屋「便利屋さん本舗 神奈川横浜」
安い!格安!最安!なんでも屋「便利屋さん本舗 神奈川横浜」
重い荷物の移動|なんでも屋「便利屋さん本舗 神奈川横浜」
リピーター・常連様が多い・口コミ評価隆司|なんでも屋「便利屋さん本舗 神奈川横浜」
お掃除代行|なんでも屋「便利屋さん本舗 神奈川横浜」
横浜市内・交通費無料|なんでも屋「便利屋さん本舗 神奈川横浜」
家具の組み立て|なんでも屋「便利屋さん本舗 神奈川横浜」
下請け・丸投げなし|なんでも屋「便利屋さん本舗 神奈川横浜」
草刈り代行|なんでも屋「便利屋さん本舗 神奈川横浜」
無料見積り|なんでも屋「便利屋さん本舗 神奈川横浜」

旭区
便利屋さん本舗(横浜のなんでも屋)

 横浜市旭区で便利屋を選ぶなら、便利屋さん本舗にご連絡ください。安い料金なら最安500円~と、どんな小さなお仕事にも誠実に、そして微笑みを持ってご対応させて頂きます。
 お気軽にお問い合わせください。

なんでも屋が買取専門店の
出張買取より選ばれる理由とは?

不要になったぬいぐるみを処分するには

小さいお子さんがいるご家庭であれば、ぬいぐるみで遊んだり、ゲームセンターにあるUFOキャッチャーの景品などでご自宅にぬいぐるみが増えていくことが多いかと思います。 

しかし、お子さんが大きくなると、ぬいぐるみは使われなくなり、部屋の飾りになることがほとんどです。 

だからといって、思い入れのあるものはなかなか処分に踏みきることができません。 

私自身も買取の仕事をしていて、お客様からぬいぐるみを処分するには気が引けるという声もたくさん聞いております。 

今回はぬいぐるみの処分方法をご紹介させていただきますので、処分でお困りの方はぜひとも参考にしてください。 

ぬいぐるみの処分方法 

ぬいぐるみの処分には、燃えるゴミとして捨てる以外にも寄付をしたり、買取サービスを利用して売る方法もありますので、ご自分の捨てやすい方法でぬいぐるみの処分をしてください。 

粗大ゴミか燃えるゴミと捨てる 

ぬいぐるみは外側が布でできていて、内側が絹でできているものであれば燃えるゴミとして処分することが出来ます。 

ただし、内側がプラスチックでできていたり、電池を入れて動くぬいぐるみであれば、燃えないゴミとしての処分となります。 

また、お住いの地域によって異なりますが、ぬいぐるみの大きさが30~50CM以上であれば、粗大ゴミになりますので、自治体に電話またはネットで回収の依頼が必要です。 

自治体に回収依頼をしたら、コンビニや郵便局などで粗大ゴミシールを購入してぬいぐるみに貼ります。 

あとは回収日に指定の場所へぬいぐるみを出せば完了です。 

粗大ゴミ料金はおおよそ300~400円かかりますので、コストを抑えたい方は小さく解体して燃えるゴミとして処分することも出来ます。 

ぬいぐるみを寄付する 

ぬいぐるみや子供向けのおもちゃは、寄付をすることが可能です。 

寄付先は保育園や幼稚園、福祉施設や海外の発展途上国などさまざまあり、寄付を受け付けている会社に電話またはネットから申し込みをすることが出来ます。 

申し込みをしてからご自分でぬいぐるみを郵送するのですが、会社によっては運送会社へ集荷の手配をしてくれるところもありますので、この場合だとご自宅に集荷がきたら手渡すだけで完了です。 

オークションやフリマアプリで売る 

スマートフォンがあれば簡単にオークションやフリマアプリに登録出来るので、ご自分でぬいぐるみの写真を撮って、商品説明を掲載するだけで売ることが出来ます。 

ただし、あまり人気がないものや使用感の強いぬいぐるみは出品しても売れずに残ってしまう可能性もあるので、出品前に商品の状態をチェックすることが必要です。 

また、大きなぬいぐるみは送料が高くなる場合もありますので注意が必要となります。 

リサイクルショップで買取してもらう 

リサイクルショップに持ち込んで買取してもらう方法です。 

買取してもらえれば、ご自分で捨てる手間を省けるうえに現金までもらうことが出来ます。 

ただし、リサイクルショップでも売れないものは買取してもらえないので、汚れていたり使用感の強いものは難しいでしょう。 

逆に新しいもの、人気のあるもの、タグが付いたままの綺麗なものであれば、買取してもらえる可能性は高くなります。 

不用品回収業者に依頼する 

不用品回収業者にぬいぐるみの処分をしてもらうことも出来ます。 

電話一本で家まで取りに来てくれますので、手間がかからずに早く処分することが可能です。 

また、ぬいぐるみ以外の不用品も一緒に回収してもらえますので、部屋を一気に片付けたい方や、引っ越しまで時間がなく、早く大型家具やぬいぐるみなどをまとめて処分したいという方にはお勧めの方法です。 

まとめ 

ぬいぐるみは思い入れのある場合が多いため、処分することも出来ずに押入れに眠っていることも少なくありません。 

処分できずにいる方であれば、捨てるのではなく寄付をすることをお勧めします。 

ネットで調べると、寄付を受け付けている会社が出てきますので、検討してみてください。 

弊社でも、ぬいぐるみの買取、回収をしております。 

ぬいぐるみの処分でお困りの方は私どもにお任せください。 

LINEでの無料査定申し込みや、電話での査定予約も承っております。 

お気軽にご連絡ください

なんでも屋が買取専門店の
出張買取より選ばれる理由とは?


物置の処分方法、処分費用は

こんばんは、不用品の出張買取をしている西岡純です。 

庭に置いたままで誰も使わなくなった大きな物置の処分に困っている方は多くいらっしゃいます。 

また、どこの業者に依頼をすればいいのか分からず、物置に大量にある不用品の処分も考える事も嫌になり、そのまま置きっぱなしの状態になることも少なくありません。 

では、使わなくなった物置はどうやって処分すればいいのでしょうか。 

今回は、どこの業者に物置の撤去を依頼をすればいいのか、物置の撤去費用はいくらかかるのか、自分で解体することは出来るのかなど、物置の処分についてご紹介させていただきます。 

物置の処分にお困りの方、または費用を抑えて物置を処分したい方はぜひ参考にしてください。 

使わなくなった物置の放置はリスクを招く

使わなくなった物置を放置していると老朽化が進み、錆などが原因で屋根や壁の一部が破損してしまいます。 

物置の老朽化が原因で地震のときに倒壊したり、台風のときに屋根や壁が飛散して自宅や近隣の住宅を傷つけてしまう危険性もあります。 

また、物置は放置しておくと死角ができ、隠れ場所になり、足場代わりになる理由から空き巣にも狙われやすくなるそうです。 

そのため、使わなくなった物置は早めに処分することをお勧めします。 

物置を解体する方法 

費用を抑えて物置を処分したい方であれば、ドライバーやスパナなどの工具を使用して自分で解体することで、最も安く済ませることが出来ます。 

解体方法に関しては、まずは天井のボルトから外していき、次に側面部、最後に床面部分という順番で解体してください。 

最初に天井のボルトから外していくことで、物置自体が歪んでしまうことを防ぐことが出来るのです。 

解体自体は、鉄製やスチール製の物置は、ほとんどがボルトやナットで組み立てられていますので、一般家庭に置いてあるような日曜工具があれば解体することが出来ます。 

ただし、ご自分で物置の解体をする場合、一人で行わず、必ず家族に手伝ってもらいましょう。 

物置を支えてくれる方がいないと、解体途中に部品が変形したり、物置の壁が倒れてしまう場合があります。 

また、物置の金属部分が錆びていたり、素材が木造の場合は自分で解体することは難しいので、前もって物置の状況を確認することも大切です。 

解体が終わった物置は、粗大ゴミで捨てることが出来ます。 

ご自分で解体する方は、怪我に注意して行ってください。 

業者に物置の撤去依頼をする場合 

自分で物置の解体をするには体力的に難しかったり、忙しくて解体する時間がない方であれば、不用品回収業者に処分依頼する方法があります。 

不用品回収業者に処分依頼することで、物置の解体から回収まで行ってもらえるのです。 

また、物置の中の不用品も一緒に回収してもらえますので、一括で片付けたい方にはお勧めの方法です。 

物置の解体から回収費用に関しては、物置のサイズや素材、物置の状態に応じて金額が異なり、おおよそ15,000円から30,000円となります。 

ただし、ネジやボルトに錆びが出ていることが原因で、解体作業で大幅に時間がかかる場合は30,000円以上の金額が発生することもあります。 

不用品回収業者に依頼をする場合、業者によっても金額が異なりますので、まずは数社から見積もり依頼をお願いしましょう。 

まとめ 

物置は普段使わないものをしまっておくことが出来る大変便利な建造物ですが、 

使わなくなると老朽化が原因でさまざまな問題を起こしてしまう可能性もあります。 

使わないまましばらく放置している方であれば、早めに処分をすることをお勧めします。 

弊社でも、物置の解体から、不用品の回収までしております。 

物置の処分でお困りの方は私どもにお任せください。 

LINEでの無料査定申し込みや、電話での査定予約も承っております。 

お気軽にご連絡ください。 

なんでも屋が買取専門店の
出張買取より選ばれる理由とは?


古くなった洗濯機の処分方法

こんばんは、不用品の出張買取をしている西岡純です。 

引っ越しや新しい洗濯機の買い替えで古い洗濯機を処分する際、粗大ゴミで捨てることが出来ると思っている方が多くいらっしゃいます。 

洗濯機は家電リサイクル法によってリサイクルが義務つけられているため、粗大ゴミで捨てることはできず、指定された正しい方法で処分しなければならないのです。 

家電リサイクル法の対象になっている家電は、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、衣類乾燥機、エアコンがあります。 

では、家電リサイクル法の対象である洗濯機はどのように処分すればいいのでしょうか。 

今回は、洗濯機を無料で処分する方法と有料で処分する方法をご紹介させていただきます。 

洗濯機を無料で処分する方法 

洗濯機を処分する場合、基本的には費用がかかりますが、まだ使用できる洗濯機や新しめの洗濯機であれば、費用をかけずに処分できる場合があります。 

リサイクルショップで買取してもらう 

リサイクルショップでは、洗濯機の買取をしている店舗が多く存在します。 
洗濯機の処分を検討している方であれば、捨てる前に一度リサイクルショップに連絡して確認するのも良いかと思います。 

リサイクルショップに確認する際、洗濯機の型番と年式を聞かれますので、前もって調べておく必要があります。 

また、洗濯機の出張買取をしている業者もいますので、査定依頼をするのもお勧めです。 
出張買取業者の場合、自宅まで査定に来てくれるので、洗濯機に値段がつけば業者が回収をしてくれる上に現金をもらうことが出来るのです。 

ネットオークションやフリマアプリで売る 

ヤフーオークションやメルカリで不要になったものを売っている方が多く、洗濯機や大型家具も売っている方もいらっしゃいます。
新しめの洗濯機であれば、リサイクルショップや出張買取業者よりも高く売れますし、古い洗濯機でも欲しいという方がいれば売れる可能性が高いです。 

ただし、洗濯機の写真を撮ってから商品情報を掲載して梱包から発送まで自分でやらなければならないので、手間がかかり、また買い手が見つかるまでずっと手元に残ってしまうデメリットもあるのです。 

洗濯機を有料処分する方法 

製造年数が古い洗濯機や、壊れて使えなくなった洗濯機は買取してもらえないため、有料で処分する必要があります。 

買い替えのタイミングで購入店に回収してもらう 

新しく洗濯機を購入する際、洗濯機を購入する店舗で古い洗濯機の回収をしてもらえます。 

回収をしてもらう場合、リサイクル料金と収集運搬料金が発生しますが、新しい洗濯機を搬入してからその場で古い洗濯機を回収してもらえますので、手間をかけずに済みます。 

費用に関しては、おおよそ500円から2,000円かからないくらいとなります。 

不用品回収業者に処分してもらう 

壊れていたり古い洗濯機であれば、不用品回収業者に処分してもらう方法もあります。 

ご自分の指定した日時に業者が自宅まで回収しに来てくれるので、手間をかけずに処分出来るのです。 

洗濯機以外にも不用品があれば一緒に処分してもらえるので、遺品整理や不用品が大量にある方は、不用品回収業者に処分依頼するのもお勧めです。 

ただし、洗濯機のみの回収だと最低でも3,000円以上はかかるので、処分するものが多いときに利用しましょう。 

まとめ 

洗濯機の処分方法をご紹介させていただきましたが、洗濯機の状態や製造年数に合わせて正しい処分をしてください。 

弊社でも、洗濯機の買取、回収をしております。 

洗濯機の処分でお困りの方は私どもにお任せください。 

LINEでの無料査定申し込み、電話での査定予約も承っております。 

お気軽にご連絡ください。 


ベッドの5つの処分方法、無料で捨てる方法は

こんばんは、不用品の出張買取をしている西岡純です。 

ベッドはマットがフカフカしているので快適に寝ることができる便利な寝具ですが、引っ越しや、子供が大きくなり、独立して家を出ると、残されたベッドの処分に困るものです。 

ベッドは大きくて設置場所をとる家具となるため、たとえ壊れていなくても、不用になったらすぐに処分したいが、「捨て方がわからない」「誰に聞けばいいのか分からない」という理由でベッドの処分に困っている方が多くいらっしゃいます。 

今回はベッドの捨て方(マットは含まない)をご紹介させていただきます。 

ベッドの処分方法とは 

ベッドの処分には何通りかあります。 

無料で捨てる方法もありますので、ご自分に合った捨て方を選んでください。 

粗大ゴミとして捨てる 

不用になったベッドを、お住いの自治体に回収してもらう方法です。 

粗大ゴミとして捨てる場合、自治体へ申し込みが必要となります。 
お住いの地域によって申し込み方法は異なりますが、電話かインターネットでの申し込みとなります。 

自治体へ申し込みの際、粗大ゴミ料金と収集日を教えてもらえますので、粗大ゴミシールをコンビニか郵便局で購入して、ベッドに貼っておきます。 
またベッドの種類と大きさを伝えるので、あらかじめ種類と大きさを確認しておく必要があります。 

粗大ゴミ料金はベッドの大きさによって異なりますが、おおよそ600円~2,000円となります。 
収集日は粗大ゴミシールを貼ったベッドをゴミ捨て場に置いておけば回収してもらえます。 

また、自宅の近くにゴミ処理場がある場合、自分でベッドの持ち込みをすれば、粗大ゴミ料金よりも安く処分してもらえます。 
ただし、持ち込みの場合も、事前に申し込みが必要な場所もありますので、持ち込みする前に確認してください。 

不用品回収業者に依頼する 

自分一人では大きなベッドを家の外まで運びだすことが出来ないという方は、不用品回収業者に回収してもらう方法があります。 

不用品回収業者に依頼すれば、大きくて重たいベッドでも、家まで回収しに来てもらえますので、手間がかかることがありません。 
ネットで不用品回収業者を探して電話やメールなどで回収の申し込みを行います。 

ベッド以外にも処分したいものがあれば、一緒に回収してもらうことも出来ますので、部屋の一括片付けをする方には便利かと思います。 
ただし、業者によって処分料金に大きな違いがあるため、まずは数社から見積もりをもらい、納得できる業者に決めることが大切です。 

リサイクルショップに買取を依頼する 

不用になったベッドの状態が悪くなければリサイクルショップで買取してもらう方法があります。 

自分でリサイクルショップまで運ぶ必要がありますが、買取してもらえるベッドであれば、現金をもらうことができ、たとえ値段がつかなくても無料で引き取りをしてもらえれば、費用を支払わずに処分することが出来ます。 

ただし、ベッドの引き取りをしていないリサイクルショップもありますので、事前確認は必ず行ってください。 

出張買取業者に査定依頼する 

ベッドを家から外に運べない方は、出張買取業者に査定依頼すのも一つの方法です。 

自宅まで無料で査定にきてくれるので、ベッドに値段がつけば手間をかけずに処分することが出来るのです。 
たとえ、値段がつかなくても、無料で回収してもらえる場合もありますので、一度依頼してみるのも良いかと思います。 
ただし、目立つ傷がついていたり、ノーブランドのベッドは無料回収は出来ません。 

家具販売店に引き取ってもらう

家具販売店でベッドを新しく買い替えの際、古いベッドを引き取ってもらえる場合があります。 

ベッドの買い替えをする方であれば、ベッドを買う前に必ず、家具販売店に引き取りが出来るか確認をしてください。 

家具販売店によっては、ベッドの引き取りをしていなかったり、いくら以上の買い物をしなければ引き取ってもらえないなど、条件が厳しいところもあるそうです。 

まとめ 

今回、不用になったベッドの処分方法をご紹介させていただきました。 

ベッドの状態が綺麗であればリサイクルショップで買取してもらい、ベッドの状態が悪ければ粗大ゴミに出すなど、ベッドの状態に合った捨て方を選んでください。 

また、上記の処分方法以外にも、木製のベッドの場合はご自身でベッドを分解して燃えるゴミで捨てることが出来ますので、道具と時間がある方は試してみるのも良いかと思います。 

弊社でも、ベッドの回収、買取をしております。 

ベッドの処分でお困りの方は私どもにお任せください。 

LINEでの無料査定申し込み、電話での査定予約も承っております。 

お気軽にご連絡ください。 

なんでも屋が買取専門店の
出張買取より選ばれる理由とは?


マッサージチェアの捨て方は?3つの処分方法

こんばんは、不用品の出張買取をしている西岡純です。 

マッサージチェアをお持ちの方は、自宅でマッサージを受けることが出来るため、マッサージ店に行かずに、身体の疲れをとることができ、血流も良くする上にリラックス効果もある便利な家電製品の一つです。 

しかし、「マッサージチェアが壊れてしまったり」「マッサージが痛いから」という理由で使用しなくなってしまうこともあります。 
使わなくなったマッサージチェアは部屋のスペースをとるだけでなく、掃除をするときにも邪魔になってしまいます。 

マッサージチェアを処分するにも、「捨て方が分からない」「重たくて外に出せない」など、マッサージチェアの処分方法で困っている方は多くいらっしゃいます。 

そこで、今回はマッサージチェアの3つの処分方法をご紹介させていただきます。 

マッサージチェアの処分方法 

マッサージチェアは大型の家電製品になりますが、家電リサイクル法の対象外となるため、以下3つの方法で処分することが出来るのです。
また、マッサージチェアは家の外まで運べるかで処分方法が変わります。  

粗大ゴミとして捨てる 

マッサージチェアは粗大ゴミとして捨てることが出来ます。 
自分でマッサージチェアを家から外まで運べる方であれば、自分で粗大ゴミとして捨てるのが一番安く済む方法となります。 

マッサージチェアを粗大ゴミに出す場合、ゴミ袋に入るサイズではありませんので、粗大ゴミシール購入してからマッサージチェアに貼り、ご指定の日時と場所に捨てれば、自治体でマッサージチェアを回収してくれます。 

ただし、マッサージチェアの粗大ゴミ料金と捨て方は、お住いの自治体によって異なりますので、捨てる前に自治体のホームページで確認してから処分してください。 

不用品回収業者に回収してもらう 

マッサージチェアが重くて家から外に出せない方や仕事が多忙で、夕方か土日しか時間が取れない方は、不用品回収業者に回収してもらう方法もあります。 
特に女性やご高齢の方であれば、マッサージチェアを家から外まで運ぶことは難しいかと思います。 

不用品回収業者に依頼すれば、マッサージチェアを自宅まで回収に来てくれるので、手間をかけずに処分することが出来るのです。 
また、マッサージチェア以外にも処分したいものがあれば、一緒に回収をしてもらうことが出来ます。 
ただし、回収費用は安くはないので、依頼前に金額の確認をしてから依頼してください。 

不用品出張買取業者に査定依頼する 

マッサージチェアがまだ壊れておらず、状態も悪くなければ不用品主張買取業者から買取してもらえる可能性があります。 

マッサージチェアの買取が出来ない場合もありますが、もし無料でも引き取りが可能であれば、処分費用をかけずに処分することが出来るのです。 
出張査定も無料で自宅まで来てくれるため、試しに依頼するもの良いかと思います。 

以上がマッサージチェアの処分方法となりますが、このほかにもネットオークションに出品する方法もあります。 
しかし、マッサージチェアをネットオークションに出品する方法はあまりお勧め出来ません。 

マッサージチェアをネットオークションに出品する場合、以下の懸念があります、 

・マッサージチェアの写真撮影をして情報公開をするなどで時間がかかる 
・買い手が見つからないと、ずっと家に残ったままになる 
・売れたとしても購入者への発送に手間がかかる 
・サイズが大きいため、発送料金も高くかかってしまう 

以上の負担がかかることを考えると、ネットオークションはお勧め出来ないのです。 

まとめ 

今回、マッサージチェアの3つの処分方法をご紹介させていただきました。 

マッサージチェアを自分で家から外に運べる方は粗大ゴミに出していただき、外まで運べない方は不用品回収業者に回収の依頼をする。 

マッサージチェアが壊れておらず、状態も良ければ不用品出張買取業者に査定依頼するなど、自分に合った処分を検討してください。 

弊社でも、マッサージチェアの買取回収をしております。 

マッサージチェアの処分でお困りの方は私どもにお任せください。 

LINEでの無料査定申し込み、電話での査定予約も承っております。 

お気軽にご連絡ください。 

なんでも屋が買取専門店の
出張買取より選ばれる理由とは?


終活や遺品で出てくる大工道具や電動工具の処分方法

こんばんは、不用品の出張買取をしている西岡純です。 

物置に眠っている大工道具や電動工具などの処分に困っている方がいらっしゃいます。 

大工道具には、「ノコギリ」「カンナ」「釘やネジ」などがあり、 
電動工具には、「チェーンソー」「電動ドリル」「グラインダー」など、さまざまな種類のものが存在します。 

大工道具や電動工具などは、プロの大工さんなどが仕事で使用するアイテムですが、現在はDIY人気もあるため、一般家庭でも大工道具や電動工具を揃えている方が増えてきました。 

しかし、仕事の引退後や、DIYが好きだった親の遺品整理で、大工道具や電動工具が残ってしまうのです。 

処分するにしても、鉄の塊である大工道具や電動工具などは、とても重量があるため、相当な労力を必要とします。
また、自分で片付けようと思い、無理して重たいものを運んでいるうちに腰を痛めてしまい、日常生活にも支障をきたしてしまう恐れもあります。 

では、大工道具や電動工具を効率よく処分するにはどのようにすればいいのでしょうか。 

大工道具や電動工具を処分する3つの方法 

大工道具や電動工具の捨て方には以下の方法があります。 

処分する量が少なければ、自分で捨てる方法もありますが、物置一杯に溜まった大工道具や電動工具を、運ぶとなると怪我をしてしまう可能性もありますので、業者に依頼することも良いかと思います。 

もしかしたら、捨てようと思っていたものが現金に変わる場合もあるのです。 

自治体にゴミとして処分してもらう 

大工道具や電動工具などをご自身で捨てる場合、大型ゴミ、可燃ごみ、危険ゴミに分別して捨てることが可能です。 

ゴミの分別と費用に関しては、お住いの自治体によって異なり、自治体のホームページで確認してからゴミに出しましょう。 

また、ゴミ収集の方が怪我をしないように、刃のついている危険ゴミは、刃先を布や段ボールで包むなどの配慮が必要となります。 

ゴミの分別を間違えてしまうと、収集してもらえませんので気を付けてください。 

不用品回収業者に引き取ってもらう 

大工道具や電動工具を早く片付けたい方や、大量の大工道具や電動工具がある場合は、不用品回収業者に引き取ってもらう方法があります。 

お金はかかりますが、全て業者が運び出しをしてくれるので手間がかかりません。 

ただし、高額な回収費用を請求してくる業者も存在しますので、最低でも2社から見積もりを取ることをお勧めします。 

出張買取業者に査定依頼する 

大工道具や電動工具を処分したい場合、出張買取業者に査定依頼することで、値段のつくものであれば、現金をもらって引き取りしてもらえます。 

無料で引き取りが出来るものであれば、引き取りをしてもらうことで、費用をかけずに処分することも出来るのです。 

また、出張買取業者は自宅まで査定に伺いますので、手間がかかりません。 

まとめ 

大工道具や電動工具の処分方法を書きましたが、一番効率的な捨て方は、まず出張買取業者に引き取りをしてもらい、残った大工道具や電動工具の量に応じて、ご自身で捨てるか、不用品回収業者に依頼するか決めることが良いかと思います。 

弊社でも大工道具や電動工具の買取回収をしております。 

生前整理や遺品整理などで大工道具や電動工具がある方は私どもにお任せください。 

また、LINEでの無料査定申し込み、電話での査定予約も承っております。 

お気軽にご連絡ください。 

なんでも屋が買取専門店の
出張買取より選ばれる理由とは?


楽器の不用品処分、買取

こんばんは、不用品の出張買取をしている西岡純です。 

生前整理で、昔使っていた楽器が押入れやクローゼットから出てくる場合があります。 

楽器は高価なものが多く、愛着を持っている方もいるため、手放す決心が付きづらく、そもそも楽器は 
「捨てる」という行為をする機会が非常に少ないため、捨て方が分からないという方も多くいらっしゃいます。 

特に楽器には「ギター」「三線」「ヴァイオリン」などの弦楽器があれば、 
「トランペット」「フルート」「サックス」といった管楽器など、遺品整理でも処分に困るものはいろいろとありますが、楽器もそのうちの一つではないでしょうか。 

楽器の三つの処分方法 

楽器の処分にお困りの方は以下の3つの方法があります。 

・粗大ゴミに出す 

お住まいの自治体によってゴミの出し方は異なりますが、楽器をゴミに出す場合、粗大ゴミになることがほとんどです。 

ゴミの出し方や回収費用に関しては、ご自身が住んでいる地方自治体に電話で確認するか、ホームページを検索してください。 
「アコースティックギター」「フォークギター」など、木製のものであれば、自分で解体することで、燃えるゴミに出す方法もあります。 

ただし、「弦楽器」や「管楽器」などは上記の方法で処分することができますが、ピアノなどの大型楽器は回収してもらえないところもあります。 
ピアノなどを捨てたいという方であれば、自治体に連絡することで、ピアノの専門回収業者を紹介してもらえます。 

・施設に寄付する 

使わなくなった楽器を施設に寄付する方法があります。 
保育園や幼稚園、児童養護施設、楽器スクールなどに寄付すれば使わなくなった楽器を有効活用してもらえます。 

特に、ピアノなどの大型楽器の場合、購入費用以外にも配送費用もかかるため、楽器の個人スクールを経営している方であれば、ピアノが欲しいと思っている可能性があります。 
一度、上記の場所に連絡してみること をお勧めします。 

また、市役所や区民センターなどにある掲示板には、物の譲渡に関する欄を用意しているところもあるので「ピアノを譲ります」と書いておくことで、必要としている方から連絡があるかもしれません。 

・出張買取業者に査定依頼する 

使わなくなった楽器を出張買取業者に売却することで、現金が手に入るのと、楽器を自分で処分する手間がかからずに「必要」としている人の手に渡ります。 

出張買取業者は、自宅まで無料で査定に伺い、その場で買取価格も判断してくれるので、お客様は電話で査定申込すること以外に負担がかからないのです。 
また、楽器は高価なものが多いうえに需要もあるため、多少壊れていても査定してもらうことが可能です。 

「楽器の捨て方が分からない」 
「譲る相手もいない」という方は、出張買取業者に依頼することをお勧めします。 

まとめ 

楽器の3つの捨て方を書きましたが、私が一番お勧めしている方法は出張買取業者に依頼することです。 
自分で捨てるとなると、処分費用がかかりますし、施設に寄付する方法もすぐには見つからない可能性もあります。 

使わなくなった楽器を処分する際、まずは出張買取業者に査定依頼をする。 
もしも、値段の付かない楽器があった場合には、その後に「自分で捨てる」「譲る相手を探す」の手順が良いと思います。 

弊社でも楽器の買取をしておりますので、楽器の処分でお困りの方は私どもにお任せください。 

LINEでの無料査定申し込み、電話での査定予約も承っております。 

お気軽にご連絡ください。 

なんでも屋が買取専門店の
出張買取より選ばれる理由とは?


出来るだけ不用品を買取業者から買ってもらう方法

こんばんは、不用品の出張買取をしている西岡純です。 

部屋の片付けをするから出張買取業者に不用品の査定をしてもらったけど、 

「買取してくれなかった品物が多かった」「売れると思っていたものも値段がつかなかった」という場合があります。 

「部屋が全然片付かなかった」「時間だけ無駄した」と思う方もいるかと思いますが、需要がある不用品でも「状態」「付属品の有無」などの理由で買取出来ない場合があるのです。 

そこで、不用品を出来るだけ買取してもらう方法を書きます。 

出来るだけ不用品を買取してもらうために 

需要がある不用品でも「状態」「付属品の有無」が理由で買取出来ない場合があると書きましたが、以下の3点に注意すれば、買取出来る可能性が大幅に増えます。 

・費用品を綺麗に掃除しておく 

汚れている不用品は、買取業者が清掃する手間がかかり、クリーニングが必要な不用品に関しては費用も発生するため、買取価格が下がったり、買取が出来ないこともあります。 

そのため、不用品を綺麗にしておけば買取出来る可能性が増えるのです。 
手軽な掃除だけでも見栄えがだいぶ変わりますので、行ってきましょう。 

ただし、綺麗に掃除していても、破損をしている欠陥商品は買取出来なくなるものもあります。 

・付属品をそろえておく 

需要のある不用品でも、付属品がないと買取出来ない場合があります。 

電子キーボードであれば、電源を入れるために必要なアダプターがなかったり、ナベであれば 蓋がなかったりなど。 

ブランドものに関しては、本物か偽物か判断がつかないほどのものであった場合、箱や保証書がないと買取出来ないこともあります。 

売りたいものは付属品もセットで管理しておくことをお勧めします。 

・季節を見極めて売る 

季節に関する不用品であれば、シーズン毎に売れる不用品を用意する。 

夏は冷風機やアウトドア用品の需要は高まりますが、ストーブやスキー、スノーボード用品は夏に売れないのです。 

ただし、冷風機やストーブといった家電製品は年式が古くなると季節に関係なく買取が出来なくなるので、使わないと感じたら早めに売ることをお勧めします。 

上記の3点に気を付けるだけで、買取出来る不用品は増えますので試してみてください。 

まとめ 

出張買取業者に依頼する際、上記の3点に気を付ければ買取出来る不用品が増えますが、日頃から自分の所有物は綺麗にして、付属品も管理しておくことが大切です。 

また、需要のある不用品でも、乱暴に扱っていたら壊れてしまったなどの理由で買取が出来なくなると、凄くもったいないので、自分が使わなくなった所有物でも大切に扱うことが必要なのです。 

弊社でもLINEからの査定申込や、電話での査定予約も承っております。 

「部屋を片付けたい」「不用品を査定してほしい」などのご要望がありましたら、お気軽にご連絡ください。 

なんでも屋が買取専門店の
出張買取より選ばれる理由とは?


遺品整理で知らないと損する現金の5つの隠し場所

こんばんは、不用品の出張買取をしている西岡純です 

遺品整理では、部屋のゴミを捨てる量が多いため、なにかと時間とお金がかかりますが、捨てている物の中には「現金が入っている」ことを知らないで捨ててしまっている方が多いのです。 

知らずに捨ててしまう理由としては、「まさか、こんなところに普通現金なんて保管しないでしょ?」と思うようなところに入っているので、素人の方は気づけないのです。 

私も遺品整理でお客様宅に伺った際、現金が出てきたことは少なくありません。
お客様によっては、「家のいろいろな場所に現金があって全部で数百万あった」などの話しも聞きます。 

「うちの親はそんなにお金を持っていないから家に現金なんてないよ」というお客様もいらっしゃいますが、意外と現金は隠れています。 
なぜなら、昔の方は銀行に預けるよりも、自分で管理する、いわゆるタンス預金をしている方が多いからなのです。 

昔の方がタンス預金をする理由としては、現代人であれば、お金がすぐに必要な場合、コンビニのATMでお金の引き落としができますし、ちょっとした買い物であればSuicaなどの電子マネー払いもできます。 

高齢の方もATMや電子マネーの存在は知っていますが、「ATMの操作が苦手」「手数料がもったいない」などの理由で日常から現金払いのため、現金が手元にないと不安になる傾向があるため、タンス預金をする高齢者が多いのです。 

では、家のどこに隠しているのか。 
隠し場所は人や家によってさまざまではありますが、私が遺品整理でよく現金を見つける5つの場所を書いていきます。 

現金が入っている可能性が高い場所 

・カバンのチャックの中 

カバンを捨てる前にカバンの中に何か入っていないか調べる方は多いですが、チャックの中までは面倒に感じて調べない方がいらっしゃいます。 
特に注意してほしいことが、カバンが家にたくさんあった場合、最初の数個だけ中身を確認して、その数個の中に何もなかったら、あとのカバンは中身を確認せずに捨ててしまうことです。 カバンが多いと調べるのは大変ですが、一つだけカバンのチャックの中に1万円札が入っていたこともありますでの、しっかり調べることが必要です。 

・洋服のポケット 

洋服のポケットに現金を入れている方は少ないので、盲点になると思います。 
だからこそ、現金が入っている可能性もあるので、調べる価値はありますし、過去に遺品でスーツが10着以上あり、全ての胸ポケットに現金が入っていた事例もあります。 

・本のページの間 

こちらも過去にお金が隠れていたことがありますが、探すとなるとかなりの時間と労力が必要となります。 
特に本が好きだった方は本の量が多く、途中で心が折れる場合もあります。 

・キッチン 

冷蔵庫の中や、鍋やフライパンなどの調理器具の中に隠されている場合もあり、なかには、中身が空のカレールーの箱に現金を入れている方もいらっしゃいます。 

・洋服や着物が入っているタンスの奥底 

タンスに洋服をぎゅうぎゅうに詰めて入れる方は、タンスの奥底や、洋服の間に現金を隠している可能性があります。 
このとき、タンスの中をちゃんと確認せずに、洋服を鷲掴みしてゴミ袋にぽんぽん捨てないよう注意してください。 
特にタンスの中には指輪などの貴金属が入っていると見逃す場合があります。 

以上が遺品整理でよく現金が出てきますので、一度捨てる前に確認することをお勧めします。 

遺品整理で現金を見逃さないための心得 

現金の隠し場所はその人や家にもよるため、上記以外にも、「洗剤の空の容器の中」や「テレビ台の下」など、人によって隠し場所はさまざまです。 
もし、現金が見つかれば、処分費用を抑えられたり、もしかしたら現金がプラスになる可能性もありますので、是非とも遺品整理をする場合は、「自分ならここに隠すだろう」「もしかしたらここにお金があるかもしれない」など、現金が隠されていないかを意識しながら部屋の片付けを心がけてください。 

また弊社でも、部屋の片付けや不用品の買取をしておりますので遺品整理でお困りのことがありましたら私どもにお任せください。 
LINEからの査定申込や、電話での見積もり依頼も行えます。 
お気軽にご連絡ください。 

なんでも屋が買取専門店の
出張買取より選ばれる理由とは?


仕事が忙しすぎて買取業者に依頼ができない。

こんばんは。 

不用品の出張買取をしている西岡です。 

出張買取の仕事をしていると、お客様からの問い合わせで、夜の10時や11時から出張買取査定は出来ないかを聞かれることがあります。 

お客様は勤めている会社がかなりのブラック企業で家に帰る時間がいつも夜の10時11時。 

あまり休みもなく、酷いときには帰る時間が夜中になってしまうこともあるため、夜中に買取業者に依頼したくても、どこの業者も閉まっているので売りたいものを売ることができなそうです。 

ブラック企業といえば、長時間労働にパワハラ、セクハラ、モラハラなどと言ったイジメも問題視されており、まだまだそういった会社が数多く存在しています。 

そのため、家に売れるものがたくさんあるのに、「時間がないから」という理由で売ることが出来ないで困っている方が多くいらっしゃいます。 

売れないということは、物だけがどんどん貯まっていき、そうなると部屋も窮屈になっていく感覚に陥ります。 

もし、早朝や夜遅くでも出張で買取に来てくれる業者がいればとても便利ですよね。 

早朝深夜買取業者 

まさか早朝や深夜に出張買取してくれる業者なんていないと思って、初めから探さない方も多いと思います。 

しかし、実は早朝や深夜でも出張で査定してくれる業者は存在します。 

弊社では、営業時間内に電話をいただければ、お客様が売りたい不用品の買取相場を伝えることができます。 

そして、早朝でも深夜でも出張予約を入れていただければ出張費用なども無料でお客様宅へご訪問いたします。 

仕事が忙しすぎて「営業時間内に電話することもできない」という方であれば、メールでの受付も行っておりますし、もしかしたら全然売れないかもしれないから、「わざわざメールで依頼するのも申し訳ない」という方であれば、弊社では、LINEでの写真査定も行っておりますので、売りたい不用品の画像を送っていただくだけでも買取相場を教える事が可能です。 

特に出張買取をさせていただいたお客様からの声で多いのが、 

「売れるか分からないのに依頼するのは申し訳ない」 

「依頼したとしても買取金額が100円200円だけなら申し訳ない」という方です。 

確かに売りたいものが1点であれば、出張買取が難しい場合もあります。 

しかし、そのようなことで依頼するのはやめようと思う必要はまったくないのです。 

なぜなら、私どもの方で不用品を「必要」としている方を探し、出来るだけ買取ができるように努めているのと、お客様の中でゴミだと思っていたものでも、実際はお金になるものがあることを私の方から伝えさせていただくからです。 

例えば、男性の方であれば、アニメのフィギュアや電車や車の模型など。 

女性の方であれば、使い途中の口紅やファンデーション、雑貨屋さんで購入したアクセサリーといった「意外なもの」まで買取しています。 

話が逸れましたが

「残業ばかりで時間がない」 

「1度でいいから査定してほしい」という方はぜひとも私どもにお任せください。 

ご多忙なお客様であれば早朝や深夜に訪問して、不用品の買取をさせていただきますのでお気軽にご連絡ください。 

なんでも屋が買取専門店の
出張買取より選ばれる理由とは?


なんでも屋「便利屋さん本舗 神奈川横浜」
(事例・口コミ・評判)

お墓参り代行・清掃サービス

お墓参り代行・清掃サービス

お墓の清掃・墓参り代行サービスの特徴  便利屋さん本舗 横浜本店のお墓参り代行・清掃サ...

エアコン撤去料金安いのはどっち?便利屋さんvs引っ越し業者

エアコン撤去料金安いのはどっち?便利屋さんvs引っ越し業者

 エアコン撤去のご依頼が増えております!実は、安い料金でエアコン撤去を依頼するなら、便利屋...

電球交換、照明器具・ライトの取り付け取り外し、高所作業代行

電球交換、照明器具・ライトの取り付け取り外し、高所作業代行

 神奈川県横浜市泉区のT様から電球交換のご依頼を頂戴しました。私共にとって、とても感慨深い...

草取り(草刈り・お庭の手入れ)格安業者として(神奈川県横浜市泉区O様)

草取り(草刈り・お庭の手入れ)格安業者として(神奈川県横浜市泉区

 便利屋さん本舗横浜本店は、草取り(草刈り・お庭の手入れ)の格安業者としても人気です! 草...

エアコンクリーニング(神奈川県横浜市泉区K様)

エアコンクリーニング(神奈川県横浜市泉区K様)

神奈川県横浜市泉区のK様からエアコンクリーニングのご依頼をいただきました。 エアコンクリ...

不要になったチャイルドシートの処分

不要になったチャイルドシートの処分

車に乗るときはシートベルトの着用が義務付けられており、小さなお子さんを車に乗せるときは...

ベビーカーを処分する5つの方法

ベビーカーを処分する5つの方法

2歳以下のお子さんがいる家庭ではベビーカーは必需品ですよね。  ...

旭区 | なんでも屋「便利屋さん本舗 神奈川横浜」

不要になったDVDプレイヤーの処分方法3選

映画を観るときに使用するDVDプレーヤーですが、長年使っていると壊れてしまったり、ある...

なんでも屋「便利屋さん本舗 神奈川横浜」
からのお知らせ

TOP